漢方でニキビ治療・本格エステでニキビを治す?!

 

漢方でにきび治療



にきびが出来やすい体質を投薬や肌ケアで100%改善することは大変困難です。
思春期のにきびならともかくも大人になってからのにきびはいくつもの要因が絡み合って発生していることが多くひとつの原因にのみ注力してもうまくいかないことが多いからです。
しかし漢方治療は身体を全体でとらえて異常を正常に近づけるように導くので体質改善につながるチャンスが大きいといえます。
しかしにきびの症状が重症になっていくにつれ西洋薬との併用が必要になるのもまた事実です。
軽度のにきびは毛穴周囲が充血したり炎症をおこしていることがほとんどです。
漢方ではこれを「?血(おけつ)」ととらえ、川?(せんきゅう)の含まれる処方を行い沈静化をはかります。
また重度のにきびになり化膿や炎症が激しくなると先に述べた通り抗菌剤・抗生剤を使用しなければなりません。
この時に漢方治療は西洋薬の邪魔をせず膿を速やかに排出し炎症を鎮火させなければなりません。
その為十味敗毒湯や清上防風湯がよく選ばれます。
しかし漢方による治療はにきびが落ち着いている時期こそ大切な時期です。

にきびの発生していない身体や内臓の落ち着いた時期を長引かせ、
正常な状態をキープする身体づくりこそ漢方による治療の
根幹であり重要事項です。

自分自身の身体をしっかり診てくれる漢方医に相談して未病、病にならない自分づくりを心がけましょう。


エピレ永久脱毛激安!【Web割引】両ワキ/ビキニライン/全身脱毛